ほうれい線にヒアロディープパッチ

女性の敵!ほうれい線と目のしわは早めの対策が必須!

ほうれい線

 

目もとのしわと同様、ほうれい線もあなたの見た目印象を変えてしまう厄介なしわの1つ。
ほうれい線は年配の方だけではなく、最近は若い世代にもよく見られるようになりました。

 

ほうれい線ができてしまうと、実年齢より老けて見られたり、化粧が部分的に崩れやすくなったりといいことはありません。

 

実年齢より若く見られたい!女性なら誰しもが願うことです。
特に30代や40代の若い世代の女性にできたほうれい線は早めに対策したいところ。

 

ほうれい線ができる原因を知ることで、自分でもほうれい線対策ができます。
また一部のほうれい線はヒアロディープパッチが役立つこともあります。
目のしわ対策と一緒に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

ほうれい線の原因は?

 

ほうれい線ができる原因として、乾燥、生活上のくせ、たるみなどがあります。

 

ヒアロディープパッチは保水力の高いヒアルロン酸をしわのできた角質層に直接注入し、ふっくらさせるシートなので、特に「乾燥」によるほうれい線にいいと思います。

 

まずはほうれい線ができる原因を見てみましょう。

 

肌の乾燥によるほうれい線

 

角質層の水分が減少し乾燥すると、目元と同様で小じわができます。
角質層のある表皮の下には真皮があり、角質層が潤っていることで真皮を守っています。

 

皮膚の構造

 

しかし、角質層が乾燥すると、真皮を守ることができずダメージを与えてしまいます。

 

小じわの段階ならほうれい線は浅いものですが、真皮へのダメージが続くと、深いしわ、つまりくっきりとしたほうれい線に進行してしまいます。

 

角質層の乾燥によるしわは若い世代に多くみられる状態で、早めに乾燥を防ぐことが大事です。
進行することでただの小じわがほうれい線になっていくからです。

 

ヒアロディープパッチは、角質層にヒアルロン酸を注入し、化粧水や美容液の水分を蓄えるので乾燥対策として十分使うことができます。併せてセラミドやコラーゲン配合の化粧品を使ったり、加湿器で肌の乾燥を防ぐと効果的です。

 

しかし、ほうれい線の中には、ヒアロディープパッチでは対処できないものもあります。
それが次にあげるタイプです。

 

生活上の癖とほうれい線

ほうれい線ができる癖

 

普段の生活の中でほうれい線ができやすい「くせ」を無意識にしている場合があります。これはその癖を出さないようにすればいいのですが、無意識で行われていることが多いので、自ら意識することが大切です。

 

ポーカーフェイスというか表情があまり変わらない方っていますよね。たまに笑うとビックリされたり。これは日頃から表情筋を使っていないため、筋力が衰えやすくなります。口の周りの筋肉は頬を支えているので、筋力が弱ると頬が下がりほうれい線が出やすくなります。

 

姿勢が悪い人も要注意。特に前かがみになっている時間が多いと、たるみの原因となりほうれい線が出やすくなります。猫背、スマホやパソコンの操作は前かがみになる典型的な姿勢です。

 

他にも、頬づえをつく癖、いつも同じ側を下にして寝る癖、片側の歯だけで噛む癖、バッグを片側だけでかける癖などを繰り返していると、片方だけくっきりとしたほうれい線が浮かび上がることもあるので注意が必要です。

 

癖によってできたほうれい線は、溝が浅い段階でケアすることが重要で、まずその癖を意識し減らすこと、ヒアルロン酸だけではなく、セラミドやコラーゲンが配合された化粧品で保湿することが大切です。

 

後で紹介する舌回し体操も同時に行うと、さらにほうれい線対策ができます。

 

保湿ケアとしてヒアロディープパッチを使うのはもちろんいいですが、癖を直さずヒアロディープパッチだけを使ってもケアにはならないのでご注意を。

 

たるみとほうれい線

たるみ

 

ほうれい線ができる原因として、頬のたるみは最もイメージしやすいと思います。
たるみによるほうれい線は、深い溝になりやすいので、その原因を知り生活習慣から改善することが必要です。

 

頬がたるむ原因は肌の弾力の低下です。

 

角質層のある表皮のさらに奥には真皮があります。真皮ではヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンが肌の弾力を生み出しています。しかし、ヒアルロン酸などの成分が減少したり生成が不足するとたるみの原因となります。

 

真皮のヒアルロン酸などの成分は、紫外線や加齢、偏った栄養、遅い時間まで起きている習慣、寝不足などで減少したり、生成がうまくできなくなったりするので、生活習慣に気を配ることが必要です。

 

先に紹介した表情筋の衰えもたるみの原因になります。表情筋は肌に直接ついているので、筋力の低下はたるみになり、ほうれい線ができる原因になります。柔らかい食事を好み、硬いものを噛む習慣が少ない人も筋力が低下しやすくなります。

 

また、丸顔で頬が柔らかい人もたるみやすいと言われます。

 

ヒアロディープパッチは表皮の角質層にヒアルロン酸を補給するので、真皮にあるヒアルロン酸を補給するわけではありません。なので、たるみを改善するために使うのは不向きと言えます。

 

しかし、表皮の角質層が乾燥することで真皮へのダメージが大きくなり、より深いしわになってしまいます。それを未然に防ぐための保湿としてヒアロディープパッチを使うといいと思います。

 

深いほうれい線になっている場合の化粧品は、レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンが配合された化粧品がいいそうです。

 

まとめるとたるみの予防と解消には、

 

  • 刺激の少ない日焼け止め等でUV対策をする
  • バランスのいい食事やサプリメントを利用する
  • 姿勢や癖に気をつける
  • 22時までに寝るようにする
  • 寝不足にならないようにする
  • 表情筋を使うようにする
  • 化粧品や加湿器を使った保湿

 

これらを意識的に取り入れるようにしましょう。

 

無理なダイエットによる栄養不足で代謝が落ち、たるみが出ることもあるのでご注意下さい。

 

舌回し体操で表情筋のエクササイズ

 

ほうれい線対策のエクササイズとして、舌回し体操が有名です。

 

 

表情筋を鍛えながら、目の周囲の筋肉も使うのがポイントです。

 

ヒアロディープパッチの弱点

 

ヒアロディープパッチの形状は、目の下に合わせて作られています。そのため、ヒアロディープパッチをほうれい線に貼って寝ると、違和感や貼りにくさを感じることがあります。

 

ヒアロディープパッチはもともと目の周りの小じわ対策を目的にしているので、ほうれい線対策だけで使うには不向きです。あくまで、目もとケアに使いつつ試すくらいの方がいいと思います。



・ヒアロディープパッチ公式サイトの価格についての詳細
 >>ヒアロディープパッチの購入情報

・口コミ、商品の特徴など総合的な内容
 >>ヒアロディープパッチの口コミ・特徴まとめ
page top