ヒアロディープパッチを「たるみ」に使った結果は?口コミと真実の違い

ヒアロディープパッチを「たるみ」に使った結果は?

美しい肌

 

目周りの小じわが気になる人に人気のヒアロディープパッチ。

 

目周りと言えば、小じわだけでなくたるみが気になる人も多いのではないでしょうか。

 

しみ、しわ、たるみ・・・
あまり口にしたくない言葉ですよね。

 

とはいえ、気にしないわけにはいきません。
そして、気になったら何かを始めなければいけません。
そんな時、ヒアロディープパッチは役に立つのでしょうか。
たるみにも効果はあるのでしょうか。

 

実際にたるみが気になる人がヒアロディープパッチを使うと、どんな感想が出てくるのか気になるところです。

 

そんなわけで、口コミの中から「たるみ」についてコメントしているものを探しまとめてみました。

 


ヒアロディープパッチを目のたるみに使った口コミ

【ネガティブ編】

 

続けられるかは微妙
シートを貼った翌日は確かにもっちりしてふっくらしましたが効果は1日だけ。目のたるみに主だった変化は感じられませんでした。3か月はとあるけどモチベーションが続くかどうか・・・


 

 

1回では変化は見られないけど
1回使ったくらいでは劇的な変化は見られません。ピリッとはしましたが、週1くらいなら使ってみるのもいいかもしれません。ただ大事な日の前のスペシャルケアとしてなら、もっと高級なものを使った方が効果を感じられると思います。


 

 

目立たなくなった気はする
まわりがふっくらしたからタルミが目立たなくなった気がする。でもその程度です。劇的な感動は特に・・・


 

う〜ん、ちょっと期待できない口コミが出ています。

 

でも安心してください。
良かったという口コミも結構ありましたよ。

 

【ポジティブ編】

 

ビックリしました
クマとたるみが気になって申し込みました。一晩貼るだけで翌朝の肌色が違っていました。たるみも改善されているのを見てビックリ!娘が欲しいと言っているので、使わせてあげています。


 

 

たるみよりは潤い
まだ1回ですが、まぶたの下のたるみは少し改善されたような気がします。たるみより潤いの方が実感できました。週に1回だけというのも気が楽でいいですね。


 

 

まだ実感はないけど
2回目を使ったところです。ほうれい線とたるみのW使い。急激な変化とかはないですが、感覚的に続けると良くなりそうな使用感です。


 

 

年間コースにしようかな
小じわもたるみもほうれい線も全部気になっています。その中で1番気になっているのが「たるみ」です。私の場合はアイキララとの併用なのでヒアロディープパッチだけの効果ではないかもしれませんが、ヒアロディープパッチを貼った翌日はたるみの感触が違っていました。見た目にも変化が出ているし、年間コースに変更しようかなと思っています。


 

 

水分の少ないたるみに
1回使っただけですが、目の下のたるみが無くなっていました。まだそんなにひどい状態ではなかったですが、周りがピンと張ります。水分量が少なくてできたたるみにはいいと思います。


 

年間コースの話がありましたが、個人的には初めてヒアロディープパッチを使う方に、年間コースと基本コースはおすすめではありません。

 

いかがでしたか?
たるみは年齢とともにいつか出てくるもの。
ですが、それが早いか遅いか、軽いか重いかで人に与える印象は随分変わってきます。

 

また、たるみの原因は年齢だけではありません。
年齢に関係なくたるむこともあります。
さらに原因が1つではなく複数ある場合もあります。

 

ここで少し目の下のたるみの原因をチェックしておきましょう。
「しまった!やっちゃってた!」って思うこともあるかもしれませんよ。

目の下がたるむ原因

では、目の下のたるみの原因として、よく言われていることを紹介します。
日常生活の中で注意ことで将来が変わるかもしれませんね。

 

肌の弾力成分の減少

肌の弾力は真皮にあるコラーゲンやエラスチンが関係しています。
若い時はこれらの成分が満ち足りていますが、年齢とともに減少し、また作り出す力も弱まってしまいます。
そのため肌の弾力が失われてたるんでしまいます。

 

紫外線ダメージ

紫外線にはA波とB波があり、どちらもたるみの原因となります。

 

A波は先ほどのコラーゲンやエラスチンを作り出す線維芽細胞にダメージを与え、生成能力を弱まらせます。
B波は肌のバリア機能を壊すので乾燥の原因となります。肌は保湿されていることによってハリを保っていますが、乾燥するとハリが失われたるんでしまいます。

 

紫外線のダメージは蓄積していくので、季節に限らず顔のUV対策は続けるようにしなければいけません。

 

目周りの血流の悪化

現代は目を酷使する時代です。パソコンやスマホなど至近距離で画面を見続ける行為は、目の疲労に繋がります。

 

目の筋肉が疲労すると、血管を圧迫し血流が悪くなります。
栄養は血流によって運ばれますが、血流が悪くなると栄養不足に陥ります。栄養不足になると代謝が悪化し、老廃物が溜まってたるみを引き起こします。

 

眼窩脂肪

眼窩脂肪(がんかしぼう)とは、眼球の下にある脂肪のことです。
年齢とともに眼球を支えるじん帯が弱くなり、眼球が下がってきてしまうそうです。

 

眼球が下がると、下にある眼窩脂肪が前に押し出されます。
前に押し出された部分がたるみに見えるのです。

 

歯磨き粉のチューブを押すと、中に詰まった歯磨き粉が前に出てくるのと同じことです。

 

刺激によるたるみ

目の下の皮膚は特に薄く、刺激に敏感な部位です。
刺激を与え続けることでもたるみの原因になるので注意が必要です。

 

特にアイメイクは欠かせませんよね。
そしてメイクをしたら落とさなければいけません。
毎日のクレンジングが刺激になるので、男性よりたるみやすくなります。

 

また、たるみが気になりマッサージをしている人も少なくありません。

 

マッサージは適当にやったり力を入れてしまうと、皮膚に大きな負担をかけたるみやシミの原因になります。
結果的に逆効果になるので、マッサージ方法やマッサージクリームは慎重に選ぶようにしてください。

 

他にもコンタクトレンズの装着と脱着時にまぶたを引っ張ってしまったり、花粉症でゴシゴシとこすってしまうのも刺激なのでご注意ください。

 

ヒアロディープパッチは万能ではない

ここまで原因を見てきていかがでしたか?

 

これらの原因を見ると、保湿がメインのヒアロディープパッチだけでは抑えきれないものはたくさんあります。

 

改善したという口コミは多かったですが、本当のところはそれ以上に改善できていない人が多いと思います。使い方を間違えている人を除いたとしても、そこそこ多いと思います。

 

じゃあヒアロディープパッチでの保湿は意味がないかというとそれもまた違うと思います。
実際に保湿不足が原因でたるむことは多々ありますし、肌のバリア機能の低下でたるみが加速することもあります。

 

ヒアロディープパッチを使うかどうかは別として、たるみが気になる方は目の周りの保湿を十分にしておくことが大事です。

目の下のたるみ改善トレーニングも効果的

ヒアロディープパッチに頼り切るのではなく、トレーニングも一緒に実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

こちらの動画では、簡単にできるトレーニングが紹介されています。
手軽にできる方法から試してみるといいですね。

 

他にも、先に書いた原因になることをしないようにすることも大切です。

 

UV対策を1年中する、目の筋肉を1時間以上連続で酷使しない、目の下への刺激を極力減らす、こういった日常生活の改善によって、たるみが酷くなるのを防ぐことも考えましょう。

 

>>ヒアロディープパッチ公式サイトを見る


・ヒアロディープパッチを安心して購入するための豆情報
 >>ヒアロディープパッチの購入情報

・口コミ、商品の特徴など総合的な内容
 >>ヒアロディープパッチの口コミ・特徴まとめ